.

キャッシングサービスを使用するためには、活用するキャッシングサービスの審査に申込み、そのキャッシングサービスの審査に通る必要があるのです。76-20-140

そうなると、そのような審査において、使用者のどの箇所が判断されるのでしょう。76-6-140

お金の貸出しをする会社は審査の手続きを受けると、自分の会社の登録データに申込みした方が登録済みかどうか、っていうことを調べてきます。76-11-140

審査基準を通過すると、信用情報機関等に連絡して、申込みした方の記録があるかどうかみます。76-18-140

それから、申込みした方の才や昔の利用経験と、個人的な情報の要素からも調査していくのです。76-1-140

最終的に、借り入れを許可するかどれくらいの価額の貸出しを承認するかジャッジします。76-14-140

審査項目をクリアすることで、キャッシュカードが発行され、キャッシングサービスをご利用することが可能です。76-4-140

キャッシングの申し込みには、手続き者のプライベートといえるもの全て見せるつもりで望みましょう。76-3-140

自分のことはもちろん家族のことや職業や勤務場所や、住居の環境等も審査事項に書く必要があります。76-2-140

金融会社の審査では、そのような判断する項目のことを属性と言い、属性の中でも、特別に重要とされる属性があり、そこに問題があった時は、難しい審査をパスする見込み低いです。76-13-140

重視される属性というのは、申込みをする人がいったいどういう人なのかジャッジすることができるべきで、さらに確認がとれることについては重視される傾向にあるようです。

重要視される属性の中でも、収入レベルが把握できる属性も重視されるようです。

年の収入は重視されるだろうと感じるかもしれないのですが、事実上、年収は自己申告が可能なものなため、月収自体、裏付けがとれない限りはあまり重視されるものでないのです。

事実でない年収の報告も可能な審査項目なので、立証ができるものより重要視することはないはずです。

また、職業の面では、「転職しない」職種であれば、厳しい審査にも関わらずプラスポイントになります。

公職などがその例で、公職に次ぐ職業には安定があるホワイトカラーと言われるサラリーマンなどです。

マイナスとなってしまう職業は逆で、「安定しずらい職種」となります。

酔客を相手とする職業や、日雇いの労働、個人事業主や、スポーツ選手なども、安定している職業と見られずらく、審査自体がパスしづらくなるようです。

一方で住居では、自分の家であるか否かというポイントはもちろん重要とされるが、持ち家かどうかと同時に、住んでる年も重要視することは高級な家を持っている否かではなく、どのような家であってもずっと住んでいるほうが審査そのもの自体はプラスポイントです。

ずっと住んでいることで、信用できるのではないかと判断されるのです。



76-7-140 76-17-140 76-15-140 76-12-140 76-10-140